Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Sponsored links
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
不動産屋の選び方 その2
 では1に続いてです。

おかしな縛りは無いか?

おかしな縛りと漠然と書きましたが、どういうことなのかを補足を。

今回の私の場合では、浄水器でした。
契約の段階でわかったのですが、浄水器は必ずレンタルしなければいけないという縛りがありました。
しかも、1年間は必ずレンタルしなければならないと言う縛りアリ。
見取り図の横に小さい文字で浄水器レンタル○○円とかいている・・・。
話を聞くと、自前で浄水器を持っていてたとしても必ずレンタルする必要あるとか。
月々1.4kぐらいの話ではありますが、必ずレンタルさせられてるわけで。
こうなると不動産屋が金儲けするためにやってるとしか思えない、客の都合なんて考えないで。
こうなるとどんどん不動産屋に不信感はつのるわけで。
契約前に、そういった付属で必ず何かレンタル等させられるものが無いかを確認してください。
こういったところもその不動産屋が信頼できるかどうかの目安になるかと。


これも色々と突っ込みどころがあるところでした。
鍵は必ず変える必要があると言うことでしたので仕方なく了承。
2つ鍵はついてるとのことでしたが、一つ変えるのに10k以上かかるので替えるのは1つだけ。
保証会社等で当初予算と金額が変わってきていたのでとりあえず見積もりの段階で一度話は止めることに。
そして本契約の前に会社の人と話してる中で、鍵の種類や費用の話がでる。
せっかくなんで、業者が鍵の取り付けをするんだから出来れば防犯性のいいものがいいなと。
それでネットで調べてみると、15kほどで防犯性の高い鍵が取り付けられる模様。
そして契約の際に不動産屋にどんな鍵をつけるのか尋ねると、

「普通の鍵です」

との回答。ちなみにこちらが尋ねるまで鍵の種類等の話はなし。値段だけ(ちなみに12k)。
防犯性の高い物だと20k以上かかるとのこと。ネットではもっと安くつけられるとのことなのに。
鍵の話をするときに、客のことを考えて値段を安く済ませるのか、防犯性の高い物を選ぶのか
の話もまったくなしで、結局は不動産屋の都合ですべてをしているのかと。
つまり不動産屋が儲けを出して、業者に食わせたいだけか?との印象に。

しかもそこまでお金を払っているにもかかわらず、もし引越しすることになった際も鍵は全部
不動産屋に渡すことになると話す。

金を払って交換しててるのに?レンタルしてるわけでもないのに?

さすがに意味がわからんので、引っ越す際には鍵ははずして持っていくと強く要請。
そのときはそれでOKを出したのに、後日の重要事項の説明の際には出来ませんと言う。
しかも理由が

「鍵をはずして持っていくと言うなら、もし盗難が発生した際にはお客様に疑いがかかる」

こんなことを言う。鍵が二つある状態で、1つが防犯性が高いものなのに盗難がおきたなら
言うことはわかります。ですが、今回は自分の金を払った鍵を取り外して持っていくだけで、
もう一つの鍵はそのまま。つまり、私の前の住人にも十分疑いがかけられるわけで。
何のなぜ私に疑いがかかるのか?
言ってることがぜんぜん論理的ではない、意味が通じない。
この疑問をぶつけて、最終的には退去時に話し合いをすると言うことに。

鍵を変えるのは一般的みたいですが、防犯性等は考えてくれていないことがあるので
鍵についても事前に十分確認するようにしてください。

ッ膕靂舛粒稜
大手さん(エイブルやアパマンなど)と地域の不動産屋では仲介料に結構な差があったりします。
大手さんだと半月分とかが結構あるのですが、地域の不動産屋では1か月分をとるなど。
家賃によりその負担が大きく変わったりもしますので、ここも事前に確認しておくポイントです。

重要事項の確認作業について
物件を見てお金を支払ったら最後に物件についての説明や書類の受け渡し等があります。
ここでも小さな点ですけど、その不動産屋がどういうところなのかが現れてきます。

今回使ったのは地域の不動産屋で、チェーン展開をしているのですが、私が使ったのは支店。
すると重要事項の説明について

「それでは○○日に本店のほうへ行ってください」

とのこと。案内は地図を渡されただけで、もちろんそこまでの交通費は自分もち。
大手さんでは支店で契約しても本店のほうまで車で案内し、帰りも車で送迎してくれました。
こんなところでもその不動産屋が信頼を置けるのかどうかの片鱗が見えてきます。
会社の都合で客に負担をおねがいしているということですからね、それは。
企業の態度が見て取れますので、ここら辺にも注意してみてみるといいと思います。

入居先の設備のこと
特によくあるのがエアコンがすでに備え付けてある場合など。
その場合自分が新しいエアコンを持っていたとしても勝手にはずせない
そして取り外し費用も負担して、退去の際には元に戻すことなどを求められたりします。
ですので契約前に不動産屋に既存設備を入れ替えたい場合つにいても十分に話を
聞いておいたほうがいいと思います。


あと新居の住所についても要確認で。最初に不動産屋にもらった資料では足りない部分があり
再度連絡しなおす羽目になったので・・・。

とりあえず今回の記事が不動産選びの参考になれば幸いです。
JUGEMテーマ:不動産屋さん
posted by: sinzi | 気ままにメモメモ | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:45 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://aikei.jugem.jp/trackback/176
トラックバック